梅ジャムのお味は?

悠々工房したのかちで加工しています味噌の中でうめみそは、程よい酸味が口の中に広がる事で美味しい味噌として好評を頂いております。このうめみそに使う梅は6月の旬の時期に完熟した梅を収穫し、鮮度を保つ為一旦ジャムにして冷凍保存します。

このジャムが味噌に加工するだけでなくそのままでも大変美味しく、地元では爽やかな酸味が大変好評だった為、綾部のイベント等でも販売するようになりました。

この梅ジャムを2月22日に里山ねっと・あやべで開催された綾部里山交流大学の最終日の石窯で焼くパン焼きに、ジャムパンに使って頂く事になりました。
パンにつけたら〝美味しいよ〟とイベントでは宣伝していたのですが、パンの中に入れると、さてどうなるか・・・・・塗って美味しいんだったら中に入れたらなお更、うま味が詰まって美味しい・・・はず、と思いながらも地元で一度パンを焼き、中からはみ出ないかジャムのかたさも検討してみました。

パン焼き当日はパンの先生にお任せし、焼けたパンが窯から出てくるまでドキドキで待ちました。こんがり焼き上がりふっくらしたパンが石窯から出てきた時はホットし、受講された大勢の皆さんに食べて頂く事 が出来ました。

甘さ控え目でスッキリした酸味のジャムはパンに良く合っていたようです。遠方から来て頂いた受講生の皆さんに悠々工房の梅ジャムが提供出来ました事を大変嬉しく思います。
有難うございました (^_^)

▼綾部里山交流大学の会場  ▼焼き上がったジャムパン

▼大きく育った梅の木  ▼香り漂うジャム用完熟梅
                 (平成20年6月撮影)

コメントをどうぞ