7.照福寺 « 山家の見どころ

7.照福寺

しょうふくじ
室町時代、山家城主和久氏の菩提寺として創建されました。この寺には3つの異なる枯山水の庭園があり、中でも1843年に造られた“含勝庭”は地元の丹波石を使い、2つの滝口が造られた枯山水です。また、築庭年代がはっきりしているため、国の名勝に指定されています。

照福寺

山家城主和久氏の菩提寺。臨済宗妙心寺派。はじめ甲が峯にあったが和久氏没落後領主谷氏により現在の位置に移った。釈迦牟尼仏が祀られています。

照福寺-1

江戸時代末期に作られた枯山水の庭園

照福寺ー2

枯山水の庭園