19.梅木谷不動尊 « 山家の見どころ

19.梅木谷不動尊

うめのきだにふどうそん
本尊は滝口に鎮座し、悪魔や煩悩を払うと云われ、毎年7月末頃の日曜日、住民による祭礼が執り行われます。近くの梅の木谷橋から眺める「不動の滝」は年中水が枯れず、周囲の木々と調和した美しい滝姿を見せてくれます。

梅の木谷不動尊‐2

緑深い木々に囲まれた梅ノ木谷不動尊は年中ひんやりとしているため、夏になると通りすがりのドライバーが涼を求めて一服する姿をよく見かけます。ここには古墳跡も半壊の状態で残っていると聞きますが、今はその跡も確認出来ません。葬られた主は今も静に眠っているのでしょうか?

したのかち町住民による祭礼

梅ノ木谷橋から見た滝は深く、橋脚下の谷へと流れ込みます。