17.立岩 « 山家の見どころ

17.立岩

河川の浸食によりつくられた奇岩で、高さ20m周囲50mの岩上には松が生えています。戸奈瀬町側の国道沿いから一望できますが、上原町側から由良川の河原に降り、そこから仰ぎ見る光景は岩が迫り、とても圧巻です。また京都府自然200選の人気スポットにもなっています。

立岩

迫り来る立岩の巨岩。岩の上に生えていた松の木も枯れるものが増え、平成21年に地域の住民により新しく松の木が植えられました。

窪みに溜まった水

窪みに溜まった水。この窪みは甌穴といって、窪みの中で石が水流により回転しドリルのように岩を徐々に削って出来たものです。石の表面は水に削られてつるつるになっているため、立つ時はバランスを崩して川にドボンにならないように注意しましょう。

岩の傍から見た由良川

崖淵を降り立岩の傍から眺めた由良川、いつも刻々と流れています。ここから見る周囲の山々は迫り来る川の流れと共に最高です。

立岩 002

対岸の戸奈瀬町側から見下ろした立岩はさすがに大きいです。京の歌人一鶴翁の歌碑が近くにあります。

「阿々惜しや、和知の川原の崖の間に、衛門正しく弧り立つ岩」