‘奥山さくらを育てる会活動記録’ カテゴリーのアーカイブ

2013年ぬた場のヤマザクラの思い出

2013/05/01

DSCF6636.JPG

28日公開お花見会の日はとっても良いお天気。見晴らしの良い奥山のぬた場で楽しく過ごしました。

ぬた場のヤマザクラ、その多くはすでに散っていました。咲いていた日の姿をお見せしましょう。

DSCF6611.JPG

2002秋に植樹した一年生のヤマザクラ。

DSCF6622.JPGDSCF6636.JPGDSCF6622.JPG

奥山・登尾峠公開お花見会5回目、今年はぬた場の尾根のヤマザクラ

2013/04/14

第5回奥山・登尾峠公開お花見会を28日(日)にひらきます。

今年は「ぬた場の尾根のヤマザクラ」を初公開します。めったに行けない場所ですよ。山の風景の好きな人、是非ご参加ください。歩くのが苦手な人も、大丈夫。

なだらかに下る15分の森林浴→ ぬた場に到着!あとはご案内します。

ここは志賀郷地区住民の歴史ある共有林「奥山」の、緑の回廊の中心です。山にはいろいろルールがありますがこの日はお任せください。

参加ご希望の方は、23日までにお名前、住所、連絡電話を添えて申し込んでください。連絡メールはnaoko.the.second@zeus.eonet.ne.jp

参加費300円(おにぎり、山菜天ぷら、傷害保険) 当日ご持参ください。

当日は午前9時30分までにはご集合ください。集合場所は綾部市内久井町府道490号線をつきあたった所(奥山二俣口)です。小雨決行。 実行委員会一同、熱烈歓迎!

image1.jpgimage1.jpgimage1.jpg

 

ぬた場の尾根のヤマザクラ10周年の育樹祭!

2012/12/04

DSCF5263.JPGDSCF5257.JPGDSCF5257.JPGDSCF5239.JPG

内久井町奥山のぬた場のヤマザクラは公益財団法人日本花の会選定「後世に残る桜の名所づくりモデル事業」、遠く大江山方面まで眺望する奥山一番の絶景の場所です。

2002年秋に植えた一年生の苗が10周年を迎えた去る11月23日(祭日)時おり小雨けぶるぬた場の尾根で記念の育樹祭を開きました。この10年ゆっくりと育ってきたぬた場のヤマザクラ、その一本一本に将来の希望や感想を託して書いた夢カードを10年ぶりに読み上げて、楽しい笑い声が沸きました。DSCF5239.JPG

場所によって大きく育った木や、鹿に食べられたり、周りの樹木と競争したため消えてしまったり、か細いままだったりいろいろですが、奥山の厳しい風雪に耐えてそれぞれの場所で力いっぱい根付いています。

「こんな不便な場所にお花見に来れるでしょうかねえ、面白いと思うけど」と笑いながら心配してくれた立命館大学の学生、「自然の色と調和しています。地道な活動を継続して将来を創造してください」と励ましてくれた明治大学の学生。現在ぬた場に通じる森林作業道が建設中です。彼らにもいつかぬた場の尾根のサクラに逢いに来て欲しい。

補足:この日は福知山マラソンの開催日。マラソンボランティアに出かけたために、グンゼの皆さんの育樹祭参加は無理でした。残念。

4年前(2008年)秋の終わりのぬた場です。http://fv-ayabe.jp/shiga/2008/12/06/%e3%81%ac%e3%81%9f%e5%a0%b4%e3%81%ae%e7%a7%8b%e3%81%ae%e7%b5%82%e3%82%8f%e3%82%8a/

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

奥山・登尾峠で今年も育樹祭(宣伝チラシ)

2012/11/08

image0.jpg           ぬた場の尾根のヤマザクラは公益財団法人日本花の会の「後世に残る桜の

名所づくりモデル事業」に選定されています。

下のページは10年前ぬた場を初めて訪れた時の、貴重な写真です。当時の志賀郷地区婦人会の会長さん、副会長さんそしてカメラをもった私は三人とも同じ年でした。(昭和18年生)。若かったのね、こんなところにサクラを植えて育てようなんて。賛成した郷和会長さんも、女性に影響されて夢いっぱいだったのね。

http://fv-ayabe.jp/shiga/2009/02/04/%e3%80%8c%e3%81%8b%e3%82%82%e3%82%81%e3%81%ab%e5%af%84%e3%81%99%e3%80%8d/

志賀郷公民館ホールで「奥山お花見会」

2012/04/25

当日朝、強風と雨模様のために会場を公民館多目的ホールに移しすべてのアトラクションごと屋内でのお花見会となりました。20120422_122756.jpg木村公民館長ご挨拶

「やっぱり山へ見に行かんとはじまらん」とサクラの気持ちを代弁するような相根会長のことばに誘われて、希望者だけが奥山福ノ畑の会場まで急きょ「郷和会バス」で往復、その間会場はガラガラ(笑)。この件は後日、反省会のときに指摘されましたが、誰もとがめだてする者はいません。無事にお花見ができればどのような形でもよろしいということで、次の機会にはもっと上手くやりましょう。

 

20120422_104156.jpg

20120422_113759.jpg

折れたまま咲いていた沢山の枝を少し伐りとってホールに飾り付けました。

山崎市長、上原副市長はじめ木下市議会議長、足立教育長も出席され、奥山の山菜天ぷらの皿が公民館調理室からスタッフの手によって次々と運ばれ、おにぎり、お茶と共に味わいを広げました。コーヒー、お菓子、ぜんざい、スモーク肉などホールの外でテーブルを出されたグループの皆様の賑わいありがとうございました。

志賀郷地区老人クラブ連合会滝本会長のご出席は毎年の私たちへの温かいお力付けです。(主催者側も老人会員が多いのです・・)心よりお礼申し上げます。

今年も来賓として公益財団法人日本花の会事務局田中氏、明治大学の杉山教授がそれぞれ遠路東京方面から来ていただきました。

あやべ市民新聞以外にエフエムいかるの取材もあり、「綾部の文化財日誌」の動画つきの詳細な取材もありました。ご覧下さい。ありがとうございました。http://star.ap.teacup.com/ayabebunnkazai/1297.html

20120420_222044.jpg

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

奥山・登尾峠公開お花見会参加者募集

2012/04/08

DSCF3682.JPG

参加申し込みを19日まで受け付けています。お名前、ご住所、電話番号をお知らせ下さい。

参加費おひとり300円は当日にご持参下さい。おにぎり、山菜天ぷら、傷害保険つき。

アトラクション : フラメンコ、太鼓、詩吟、トランペットその他、

コーヒー、甘酒、イノシシのバーべキューなど軽食の茶店も出ます。

当日午前9時30分までに内久井町奥山二俣口集合、会場へはバスでお送りします。荒天時には志賀郷公民館多目的ホールに移動して、屋内お花見会をします。お集まり下さい。

お花見会10時開始12時30分終了。お花見終わったあとは、志賀郷地区あちこちのいろんなパワースポットをお楽しみ下さい。

申込は、あやべ観光案内所 tel (0773)42-9550 fax(0773)42-8514

E-メールでのお申込は:naoko.the.second@zeus.eonet.ne.jp

お問い合わせ : Tel(0773)49-0331(広沢)  あるいは09014821761まで

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

 

今年の奥山のサクラ、忘れられない風景です。

2012/04/06

DSCF3592.JPGDSCF3640.JPGDSCF3599.JPG20120406_212937.jpg

こんな時こそぱっと開こう奥山お花見会!と覚悟を決めました。DSCF3599.JPGDSCF3585.JPG

 DSCF3585.JPGDSCF3586.JPG

 

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

今年も元気に恒例の、奥山サクラの草刈です

2011/07/04

2011年奥山の公開お花見会のあとの恒例行事は、サクラの草刈です。草の伸びるのについて行けず、人数がいよいよ足りませんが、にもかかわらず、奥山での作業はいつもみんな元気です。DSCF1542.JPG

6月~7月は休日ごとに、郷和会の奥山草刈が住民の夫役(この言葉旧いでしょうか)になっていますので、サクラの草刈を日程調整するのが、毎年気をつかいます。ボランティアの人集めですからなおさらです。参加人数は増えないけれど、よく言えばだんだん専門性が出てきました。批判的に言えば、こんな人数でこれからどうするねん。なんとかなる、俺がやるから楽しいんだー。というところです。おわりDSCF1550.JPG

 

 

 

 

 

 

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

2011年奥山・登尾峠お花見会の思い出

2011/04/21

今年のお花見会はお天気にも恵まれて、いつもの春の山の空の下、一本の満開の山桜の傍で無事に執り行われました。命あることをともによろこび、被災し犠牲になられた多くの人々の命を悼み、これからも続く困難に立ち向かう勇気をはぐくむ集いにしようと、市長さんからも呼びかけられました。DSCF0829.JPG

はじめて、地域の団体協働の実行委員会形式で取り組みました。参加者は160~170名ぐらい、うち100名以上が綾部、福知山、舞鶴、南丹、その他京都市から来られました。縁故の人々が少なくありません。DSCF0846.JPGDSCF0846.JPG

はじめて、地域団体協働の実行委員会形式で取り組んだ今年のお花見会、地域からの参加者は50数名で、そのうち約半数は役員とスタッフでした。志賀郷の人は奥山って慣れっこになっているためかしら。振興協議会の七色餅がお土産によく売れていました。志賀郷の七不思議にちなんだお餅です。DSCF0878.JPG

フラメンコサークル「リオ・デ・ユラ」のリーダー西方町の村上幸子さん。今年は両手のカスタネットが奥山に響きました。市長さん、教育長さん、市議会副議長さんお揃いで、来年も続けて下さいと励まして頂きましたDSCF0871.JPG

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

奥山のきれいな空を

2011/04/09

17日の公開お花見会をひかえて、奥山では雪が解け、すこしづつ季節が動いています。野生のマメザクラ、遠くの尾根の白いヤマザクラ、そしてタムシバ、ニオイコブシなどが先がけて咲いています。DSCF8773.JPG

お花見の前の日には、ぬた場の尾根に目印の吹流しを立てます。noboritate09hatu.jpg

このきれいな空がいつまでもこのままでありますように。image0.jpg

 

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^