雪の道


暮れに降った雪が、雨で解けては、又積もり、今奥山の道は危なくて車で上れません。
 昔の人々は、雪の日はどのようにして峠を越えたのでしょう。峠の向こうへ、お正月の里帰りは、どんな様子だったのでしょう。どこまでも徒歩で移動した、昔の日本の庶民は、ほんまにエライ。
雪の日、奥山への道

奥山入り口へ(正面に見える尾根が、ぬた場)

猟期なので猟友会の皆さんは通ります。

コメントをどうぞ