奥山の尾根に来たヒマラヤザクラ


 ヒマラヤザクラは、緑の若葉といっしょに花がさく。
 ヒマラヤザクラの花は、野性的で美しい。日本の桜の原種といわれる。
 ヒマラヤザクラは、11月下旬から12月下旬に咲く。
 日本で一番古いヒマラヤザクラは熱海にある。
 1968年にネパールの皇太子が種を寄贈されたもの。
 今現在は全国あちこちで育つ。
 高知の人は、発芽6年目で開花、つややかな新緑。と伝えています。
 東京大学の構内、品川区戸越公園にも育っています。
 剪定に耐えるらしく、園芸樹としても売り出されている。
 
 ヒマラヤザクラは、常緑である
(11ヶ月間ぐらい緑の葉が落ちない)
 新しい環境浄化木、街路樹として注目されている。
 大気中のNO2,CO2の吸収能力が高いといわれる。
 グンゼグリーンではエコザクラと命名されました。
 ヒマラヤザクラは、暑さにも寒さにも弱く、風にも折れやすく、 育ちにくい。
 「成木になるまでは、冬場の風当たりの強い場所の生育は困難。日当たりのよい場 所での育成をお願いします。」とグンゼグリーンのメモにもあったとおりです。
 ヒマラヤ山脈の、温暖な地帯に分布する桜なのです。
 
 私達がグンゼのボランティアの方々といっしょに植えた苗は、50センチぐらいの幼木。
 植えた場所は、ぬた場の尾根。冬には、霜が降り、雪が積もる。
 さあ、どうなることでしょう。

コメントをどうぞ