18th 2月 2010

うどん打ち体験&勉強会

2月8日(月)

食の勉強会ということで、「うどん打ち勉強会」を行いました。

講師は、綾部市志賀郷町でうどん屋を営む、竹原友徳さん。

 E3084384

まずは、小麦粉と水と塩の関係について。

小麦粉の中のグルテンは、夏などの気温が高い時期は伸びやすく、生地がすぐ緩みます。

そこで登場、塩。

グルテンを引き締める作用のある塩を、調節して使います。

今は冬なので、少し塩の分量は控えめです。

 E3084391

 新鮮な小麦粉は、水と混ざると白からクリーム色になるそうです。

やわらかな色。

E3084399

生地を踏んで、

E3084401

折りたたむ。

これを繰り返すと、出来上がった時に角がくっきり出るそうです。

ちなみに、香川県では角が出ることを、「エッヂ(edge)がきいている」というそうです。

E3084404

 袋に包んで、一端寝かせます。

おいしくなーれ。

 E3084408

何度か、踏む、たたむ、寝かす、を繰り返して、丸めます。

E3084416

また踏み、寝かす。

E3084419

 いよいよ、伸ばします。

スルスル、スルスルと、伸びていきます。

 E3084427

先生の、きれいです。

E3084444

伸ばせたら折りたたんで、切る。

先生の、均一です。

E3084465

茹でます。

長い。

E3084467

茹で時間は10分~15分。

E3084470

 できあがり!

トッピングはシンプルに、ねぎと生姜。

コシのあるしっかりした麺、絶品でした!

 

 

竹原さんのうどんが食べたい!方はコチラ↓

*竹松うどん店*

営業日: 木・金・土・日 (不定期)

じかん: 11:00~15:00

おみせ: 綾部市志賀郷町町ノ下31「space119」

お問合せ:090-9880-4598 (竹原さん)

※営業日につきましては、ブログ「竹松うどん店の開店奮闘記」でお確かめの上、

 ご来店ください。

Leave a Reply